キャシングを徹底比較!

キャシングになやむ時間は過ぎました!!もう少しです。キャシング、あなたの悩みは解消できます。キャシングの辛い悩みはポーンと捨てましょう♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

落語


落語に関しての情報を提供中!!

この記事おもしろいですね♪





以下、(ブームから人気定着へ 「落語絵本」が15年かけて100万部突破(MONEYzine) より引用)





ブームから人気定着へ 「落語絵本」が15年かけて100万部突破(MONEYzine)




 子ども向けの本や玩具を扱うクレヨンハウスの「落語絵本」シリーズが1994年11月に『ばけものつかい』を刊行以来、全13巻で累計100万部を超えたことがわかった。




これも世のカタチのひとつ。

こんなこともあるんですね。









「落語絵本」とは古典落語の名作のなかから、子どもでも内容を理解できて楽しめる作品を厳選した絵本のこと。2巻『まんじゅうこわい』、3巻『はつてんじん』、4巻『じゅげむ』は小中学校の国語教科書にも収載されている。同社ではシリーズ開始から15周年を記念して著者・川端誠氏のメッセージなどを紹介した特集ページを開設している。




 シリーズは当初は子ども向けとして発売されたが、落語ファンのほか中高年の朗読用としても読まれており、ブームといわれた落語人気が15年かけて定着しているようだ。小学4年生の子どもを持つ東京江戸川区に住む主婦(33才)は「落語はオチがあって面白い。ストーリーもしっかりしているので、子どもだけでなく大人も楽しめる」と話す。




 落語を絵本は、出版社のPHP研究所からも『5分で落語のよみきかせ』シリーズが発売されており、こちらも子どものいる40代女性の購入者を中心に人気だ。落語のストーリーのおもしろさを生かしながら、気軽に朗読できるようコンパクトにまとめている。





引用はここまでです。





でも疑っちゃいますね。

こうすることがベターだったんでしょう。




埼玉県 看護師 求人
インターネットの便利サイト
クレジットカード おすすめ
人材派遣 ランキングサイト
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。